おまとめローンでまとめるはずが使い込み?失敗事例について

おまとめローンを利用する場合には、借り換え専用ローンなどの場合には、借入先の金融機関が利用者の代行で借り換え元の金融機関に残金を振り込むことがあります。これは、おまとめローン自体が、借り換えという目的でのみ利用できるということ確認するためのものであり、ここまではしないものの、完済証明の提出を求めるところは多くあります。
ところが、借り換え専用ローンではなく、銀行カードローンなどをおまとめローンとして利用した場合には、資金使途フリーですから、他のローンを返済する前に、この資金で何とか一勝負して借金をゼロにしようと使い込みするケースがあります。よくあるケースでは、株式投資やFX、および、ギャンブルなどです。この使い込みが間違ってうまくいけばよいのですが、人生はそれほど甘くなく、ほとんどのケースで失敗します。せっかく、おまとめローンおすすめの契約できたのに、使い込みをしてしまうと元も子もなくなってしまいます。
本来返済すべき資金を使い込み、失敗した場合でもきちんと返済していけるのであれば問題はありませんが、そのようなことはほとんどないでしょうから、最早万事休すで弁護士さんに相談するしかなくなります。ただし、債務整理するにしても理由が理由だけにそう簡単にはできないでしょう。このようなことを避けるために、借り換え専用ローンの場合には、完済証明の提出を求めたり、代行振込を行ったりしているのです。ちなみに、代行振込の場合には、利用者名義で振り込んでくれるところがほとんどとなります。