キャッシング一覧から学ぶ消費者金融の事

キャッシング一覧を見ると、昔のキャッシングよりも低金利になったことがわかります。
金利が下がった要因には、グレーゾーンの廃止があります。
それまでは利息制限法を超える金利で貸付しても違法にはなりませんでした。
当時は29.2%までは黙認されていましたが、今は20.0%が法的な最高金利となっています。
もしキャッシング一覧を見て20.0%を超える金利が記載されていたら、それはかなり昔の情報であるはずです。
現在は概ね18.0%以下の金利設定になっており、20.0%のキャッシングはほとんど見かけません。

キャッシング即日一覧には総量規制という言葉もよく見られるようになりました。
これは貸付制限のことであり、借り入れできる最高額を年収の3分の1以内に抑えるものです。
昔のキャッシングは借りたいだけ借りられる感が強く、もはや返済不能と思われる金額を借りている方も普通にいました。
年収300万円の方が消費者金融から500万円を借りているという話が普通にあったのです。
しかも金利は今よりも相当に高かったので、500万円を借りた場合は毎月の利息だけで10万円を超えるほどでした。
今のキャッシングは年収の3分の1を超えて借りることはできませんが、以前から借り入れしていた分については返済義務があります。
消費者金融のローンで総量規制の対象にならないものは、利用目的が明確になった専用ローンです。
例えば、おまとめ、ビジネスなどに特化したローンに関しては、総量規制の対象外になります。